読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麻箒(あさほうき)ここのたのしい一人勉強会

自分が勉強だと思ったものを記録しています  「勉強はたのしい」を伝えつづけたいと思います

続・すみっこひとり勉強会

相変わらず、終業後の部屋の片隅に座り込んで本を読んでおります。

本の中身≒知識が現実にまだまだ生かせていないなぁと落ち込む日々。

知識を生かす前に、会社の内外にわたる現実を知らねばならぬようです。

すみっこひとり勉強会の発端となったゴタゴタは、12月頃まで続く見込み。

▲▲▲ここまで愚痴▲▲▲

知財のボスの下について早1年半弱。

できるようになったことの棚卸をして、次に何をするか考えようと思います。

◆できる

・J-PlatPatで、商標の検索

・番号から特許の公報を引っ張り出せる。

・明細書や特許請求の範囲を読んでも、眠くならないし、ちゃんと日本語として認識できる。

◆できない、けど、仕事としてもらうこと

・特許調査

…何をとっかかりに調べればいいかという「調査戦略」が一人では立てられない。

・明細書のチェック

…ちなみに、一回書きました、出願書類全部。図面もイラレillustrator)で描きました。

でも、〆切を数ヶ月破るという知財マンにあり得ぬ所業。

・契約書のチェック

…予告されてるけど、まだ正式にもらってはいないお仕事。

NDA(秘密保持契約)、共同開発、事業提携など。

_____

さて、棚卸をしたところ…

できるようになったことが

存外少ない

と、判明しましたね!!!

由々しき事態!!!

ただ、棚卸をしてみて、

自社のことをもっと知って

調査にせよ契約書チェックにせよ

具体的にアプローチせねばならんのだろうな

と、感じた次第です。

_____

ところで、

あさほうきは、知財のボス(中ボス)も、知財・経営企画総合ボス(大ボス)も好きなので、彼らの力になれることは嬉しいのです。

新しいことを覚えられるのもたのしいですが、周りの敬愛できる人って、中々にモチベーションメーカー。

人と人、知財と知識、人と知財、色々と和して世界は在るのですな。

願わくば、権利と権利の衝突だけで出来ていませんように。

まとまらないけど、本日はこれにて了。

▽▽▽最近のすみっこひとり勉強会でつまみ読みした本たち▽▽▽

Business Law Journal(ビジネスロー・ジャーナル) 2016年 06 月号 [雑誌]

Business Law Journal(ビジネスロー・ジャーナル) 2016年 06 月号 [雑誌]

会社で定期購読。

早く漢検受けたい。。。